カリコレ2016『ZOOMBIE ズーンビ』初日トークイベントにMCとして出まーす!


『ZOOMBIE ズーンビ』初日トークイベントにMCとして出まーす!

mechashark_dvd_jk

アサイラム製作の動物園ゾンビパニック『ZOOMBIE ズーンビ』。
カリコレ2016での公開を記念してトークイベントが決定!

アサイラム作品ということで、トークショーMCとして私も参加させていただくことになりました!!
ゲストは動物研究家のパンク町田さん。
一体トークがどんな方向に向かうのか、今から楽しみです!!

ちなみにおわかりだとは思いますが、ZOO(動物園)+ZOMBIE(ゾンビ)=ZOOMBIE ズーンビ
ゾンビにズームした作品じゃありません。。。

 

【イベント概要(予定)】
場所:新宿シネマカリテ 新宿区新宿3-37-12 新宿NOWAビルB1F
日時:7月17(日)18:00の回上映終了後
ゲスト:パンク町田氏(動物研究家)

チケットの販売方法など、詳しくはカリコレ2016サイトでご確認をー。

ZOOMBIE ズーンビ』予告!


高円寺パンディット7月16日(土)「ぼんちゃん&閣下のお誕生日会」


異母栗ぼん

「ぼんちゃん&閣下のお誕生日会」イベント

HAPPY BIRTHDAY ぼんちゃん&閣下
2人の誕生日を記念して行うトーク&映像イベントです。
ちゃんぼん、この日で58歳!
どんどん閣下が『シベ超』を監督した年齢に近づいてまいりました。
こんな58歳見たことない!皆で生ぬる~く見守りましょう。

【予定される内容】

ウン十年ぶりのぼんちゃんによるパントマイム!
・ぼんちゃん&閣下のルーツを巡るWEBツアー
・ぼんちゃんの断髪式
・美声も披露!?
・懐かしい映像もたっぷりと…。

おひねり&プレゼント大歓迎
皆様のご来場をおまちしております!
よろしくど~ぞ。

【登壇】 西田和昭(佐伯大尉役/ぼんちゃん)
北脇貴士
中野ダンキチ
【時間】 7月16日(土)開場18:30 / 開演19:00
【料金】 前売り2000円/当日2500円 (共に飲食代別 要1ドリンク)
【会場】 高円寺パンディット

チケットのご予約は、高円寺パンディットサイトでどうぞ。


高円寺パンディット迷画座vol.8 『シベリア超特急00.7~W佐伯大尉~』ノーカット版 上映会


シベ超7チラシ表_R

高円寺パンディット迷画座vol.8 『シベリア超特急00.7~W佐伯大尉~』ノーカット版 上映会

伝説再び!2003年1月に一夜限りで上演された舞台『シベリア超特急4』の好評を受け、新作として同年7月に2夜連続で異なるストーリー/キャストで上演された『シベリア超特急00.7』。
今回、その二日目に上演された『シベリア超特急00.7 ~W佐伯大尉~』のノーカット”VHSテープ”が今回発掘されました!!
ザ・シベリアン・タイガー、山城新伍、竹田高利、インゲ・ムラタをはじめ、『4』から引き続き 光本幸子、安井昌二、小田切みきの豪華キャストの競演。
もちろん閣下&佐伯大尉、そしてもう一人の佐伯大尉の絡みも楽しい作品です。
これまでソフト化されている映像は、初日/2日目が1つになったものであり、イベント等でも上演されたことがありません。
また、諸事情により書けませんがが、DVD版では黒く表示された部分の裏側が今回上映版ではご覧いただきます!
”シベ超ファンのアナタにだけ送る”特別なこの機会、どうぞお見逃しなく!!

~DVD版と異なる部分~
★会場のざわつきもノーカット!
★DVDでは黒く表示された部分も黒塗り無し!
★ちょっとグダグダのカーテンコール、エンディングトークもノーカット!

【ストーリー】
華やかな女性外務大臣就任披露パーティーで突如起こる謎の殺人。
なぜ…。毒殺?自殺?他殺?そして犯人は?
被害者のポケットを探ると、中には35mmフィルム。そっとすかしてみると山下将軍の姿が見える…。
やがて舞台はシベリア鉄道の中へ、そこではまたしても恐ろしい事件が発生していた…。
【スタッフ&キャスト】
演出・原作・脚本・製作:MIKE MIZNO
脚本:上代務 音楽:新田孝(日本シンフォニー指揮者)
出演:山城新伍、光本幸子、安井昌二、小田切みき、ザ・グレート・サスケ
木村奈保子、ホームラン、ザ・シベリアン・タイガー、西田和昭、水野晴郎
ナレーション:油井昌由樹

【作品提供】シネマ★パラダイス / 2003年 /上映時間2時間40分

~あらかじめご了承ください~
・上映はDVDです。映像はVHSからおこしているため画質はかなり荒くノイズがあります。
・上映中に、登壇者・ゲストによる生解説/ツッコミが入ります。
・プロジェクターでのDVD上映です。
・上映途中に15分程度の休憩が入ります。
・上映前後にもトークがあります。

【登壇】 西田和昭(佐伯大尉役/ぼんちゃん)
中野ダンキチ(謎の中国人役)
他、ゲスト交渉中
【日時】2016年7月16日(土) 開場14:00 / 開演14:30
【料金】 前売り/当日1000円 (共に飲食代別 要2ドリンク、または1ドリンク+1フード)
【会場】高円寺パンディット

チケットのご予約は高円寺パンディットサイトからどうぞ。


『アイス・ジョーズ』 一口レビュー


『アイス・ジョーズ』

どこまで進化するのかサメ映画の代表作。
舞台はついにここまできたか!という海の完全向こうを行く”雪山”。

意外すぎるにもほどがある組み合わせは、サメ映画界の山海の珍味。
このシチュエーションだけで、ご飯3杯いけるような…いや、誰かに話しかけるたくなるような作品です。
一面の銀世界を背びれを見せながら泳ぎ(?)突き進む姿は必見です!
なぜ雪山に登場することになったかは、本編で説明がありますのでご確認を…。

監督は、スコット・ホイーラー。
監督作品は他に、”ほぼ変形しない”アサイラム製作SFロボット作品『トランスモーファー』。
新作にアサイラム製作のSF『マーズ・オデッセイ』。
『Attack of the Killer Donuts』(原題)のリリースも控えているようです。
これまでビジュアルエフェクト担当としての作品が多く、『ビーチ・シャーク』でもビジュアルエフェクトスーパーバイザー/プロデューサーとして名前を連ねております。
あくまでも推測ですが、このあたりから本作のヒントが生まれたかもしれません…。

アイスジョーズ

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-
『アイス・ジョーズ』  2014.6.4リリース
提供:ニューセレクト/販売:アルバトロス
税抜価格¥4,800
Ⓒ2013 Odyssey Media Inc

huluにて2016年3月18日より配信開始!


『メガ・シャークvsメカ・シャーク』 一口レビュー


『メガ・シャークvsメカ・シャーク』


巨大ザメが大暴れするモンスターパニック作『メガ・シャーク』シリーズ第三弾!

飛んでは戦闘機を破壊し跳ねては戦艦を真っ二つにする、メガ・シャークの暴れっぷりをとくとご覧あれ。
今回の対戦相手は、人間が操縦する人口知能を積んだ対メガ・シャーク兵器のメカ・シャーク!

途中ではなんと水上タイプから陸上タイプへと変形ロボットのようにトランスフォーム。
あっと驚く見事な変型っぷりは、二度見するほど刺激的!

シリーズ第1作ではサンフランシスコのゴールデンゲートブリッジ。そして2ではアメリカの発電所など、毎回様々な場所がメガ・シャークに破壊されますが、今回は冒頭からエジプトの”アレ”がその標的に…。
終盤には場所を移してオーストラリアの“あの場所”で大暴れしちゃいます。
このあたりなどは良く言うならばゴジラやウルトラマンでもよく見られたシーン。
特撮ファンにもおすすめしたいところです(???)

メガ・シャークのサイズがコロコロ変化するのはご愛嬌。
眉間にシワを寄せてみるような作品ではありません。

また、アサイラム作品定番のゲストスターも出演。
全米No.1歌手にも輝いたデビー・ギブソンが、マクニール博士役で登場しています。

監督は、エミール・エドウィン・スミス。
長編の作品としては本作が1本目。
ヴィジュアルエフェクト担当としてキャリアが長く、2013年以降は『シャークネード』シリーズなど数々のアサイラム作品に名を連ねています。
本作以外にはタイムスリップ感覚が楽しい『エアポート2015』、ピラミッドにこんな使い道があったんだ!と思わせる『フローズン・アース』も監督しています。

いつまでもシリーズとして続き、楽しませてくれることを願いたい作品の一つです。
シリーズ三作目ですが前作を観ていなくても大丈夫。
楽しくご覧いただけます。

 

メガシャークVSメカシャークJK

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-
『メガ・シャークvsメカ・シャーク』  2014年07月02日リリース
発売:アルバトロス
税抜価格¥4,800

huluにて2016年3月18日より配信中!


『シャーク・ウィーク』 一口レビュー


『シャーク・ウィーク』

理由もわからず集められた8人の男女。彼らの前に現れたのは初老の夫婦。
「生き延びたければサメから逃げ切れ!」と一方的にサバイバルレースに強制参加。
日替わりメニューのように登場する種類の違うサメに加え、こんなのアリ?な落とし穴、都合よく置かれた地雷など各種トラップが次々と彼らを襲う、まるでサバイバルバラエティー番組のようなノリの展開がまっています。

”サメは後ろから引っ張ればおぼれる”だとか、”シュモクサメは海底を泳ぐ”など、時折挟まれるサメトリビアも見逃せないポイントです。
なお、サメは連日襲ってきますのでバイオレンスシーンは多めですが、モヤっとした自主規制がかかりますので、比較的安心してご覧いただけます。
ツッコミを入れざるを得ないラストに漂う不思議な空気感は”ある意味”斬新なサメ作品です。

監督は、クリストファー・レイ。
『ダブルヘッド・ジョーズ』、『トリプルヘッド・ジョーズ』、『メガ・シャークVSクロコザウルス』、『メガ・シャークVSグレートタイタン』などなど、これまでちょっと”あれ”なサメ作品を多数監督しています。

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-

61AfCaiDv2L

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-
『シャーク・ウィーク』 2013年04月03日リリース
発売:アルバトロス 税抜価格¥4,800

huluにて2016年3月18日より配信中