『エルサレム』一口レビュー


『エルサレム』

VRゴーグルをさらに進化させたような情報端末内蔵メガネ”スマートグラス”を誕生日にもらった女性。
最新機器をつけながら友人とエルサレムへ旅行に出かけるが…。

”これは残された映像であるー”…の意味深なオープニングで始まるPOV(主観映像)作品。しかもそんなPOVの”未来進化系”。
これまでだと、ドキュメンタリー映画の撮影中に-。とか、固定カメラが記録していた-。などのパターンで、大抵の場合ビデオカメラで撮影したので…なんてのが多かったりしましたが、本作はそんな映像撮影の未来を予想させるような、”スマートグラス”(スマホの機能がメガネにある)越しの映像をご覧いただける新しい切り口。
時折、地図やらミュージックビデオやらSNS。もちろん通話までが画面に情報表示され、これらが良いアクセントになっています。

中盤から終盤は、人間ドラマでは無い”恐怖を感じさせる緊迫した展開”が待っています。
POVならではの臨場感あふれる映像にどっぷりとハマっていただける作品です。
なるべく予備知識をいれずご覧いただくのがオススメ!

『エルサレム』
監督: ドロン・パズ、ヨアヴ・パズ
出演: ヤエル・グロブグラス、ヨン・トゥマルキン
2015年/イスラエル/95分/

カリコレ2016にて下記スケジュールで上映
7/26(火)21:15  8/12(金)16:00  8/15(月)10:30


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA