『シャーク・ウィーク』 一口レビュー


『シャーク・ウィーク』

理由もわからず集められた8人の男女。彼らの前に現れたのは初老の夫婦。
「生き延びたければサメから逃げ切れ!」と一方的にサバイバルレースに強制参加。
日替わりメニューのように登場する種類の違うサメに加え、こんなのアリ?な落とし穴、都合よく置かれた地雷など各種トラップが次々と彼らを襲う、まるでサバイバルバラエティー番組のようなノリの展開がまっています。

”サメは後ろから引っ張ればおぼれる”だとか、”シュモクサメは海底を泳ぐ”など、時折挟まれるサメトリビアも見逃せないポイントです。
なお、サメは連日襲ってきますのでバイオレンスシーンは多めですが、モヤっとした自主規制がかかりますので、比較的安心してご覧いただけます。
ツッコミを入れざるを得ないラストに漂う不思議な空気感は”ある意味”斬新なサメ作品です。

監督は、クリストファー・レイ。
『ダブルヘッド・ジョーズ』、『トリプルヘッド・ジョーズ』、『メガ・シャークVSクロコザウルス』、『メガ・シャークVSグレートタイタン』などなど、これまでちょっと”あれ”なサメ作品を多数監督しています。

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-

61AfCaiDv2L

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-
『シャーク・ウィーク』 2013年04月03日リリース
発売:アルバトロス 税抜価格¥4,800

huluにて2016年3月18日より配信中


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA