『アタック・オブ・ザ・キラー・ドーナツ』一口レビュー


image

カリコレ2016で『アタック・オブ・ザ・キラー・ドーナツ』観ました!
期待に応えるおバカさ加減が素晴らしい!

中身はタイトルそのもの…。
穴の部分にキバが生えた(ヤツメウナギを輪切りにして正面から見たような?)ドーナツが次々と人を襲ってくる作品です。

てっきり動かないドーナツが張り付いて役者さんが頑張る系かと思いきや、”殺人ドーナツ”達は中々の奮闘振り。
かわいい声で鳴きながらフライヤーからぴょんぴょん飛び出したり、いつの間に増殖したんだよっ!!と言いたくなるくらいワチャワチャ出てくるところなんざたまらない。
ネタ系のホラーコメディですので、過剰演出のヤリ過ぎくらいがちょうど良いですね~。

監督は、書ききれないほどのアサイラム作品のヴィジュアルエフェクトを手がけるスコット・ホイラー。
変形しないほうの『トランスモーファー』(いわゆる”1”)、火星一人ぼっちじゃなかった『マーズ・オデッセイ』の監督です。

アサイラム関連のネタも何か無いかな~と探ったんですが、意外にも少ない模様。
そんな中タイムリーだったのは、ボビー役のAaron Groben
『ZOOMBIE ズーンビ』のA.J.役の方でした。

そしてこの作品、エンディングテーマ曲が素晴らしいんですよ。
「アタック! オブ・ザ・キラー・ド~ナーッツ♪」
これもタイトルそのまま歌詞なんですがノリノリ!
ネタ元の『アタック・オブ・ザ・キラー・トマト』も音楽が耳に残りますが、本作もまた同様。『シャークネード』に続き、サントラ欲しくなっちゃいました。
ぜひ販売していただきたい!!

これから観る方の楽しみを奪わないように願望を白文字表示

ただ、ドーナツだけにタイヤでゴロンゴロンでよいのだから、巨大化して欲しかったな~。

 

テーマ曲のさわりも聴ける予告編


『エルサレム』一口レビュー


『エルサレム』

VRゴーグルをさらに進化させたような情報端末内蔵メガネ”スマートグラス”を誕生日にもらった女性。
最新機器をつけながら友人とエルサレムへ旅行に出かけるが…。

”これは残された映像であるー”…の意味深なオープニングで始まるPOV(主観映像)作品。しかもそんなPOVの”未来進化系”。
これまでだと、ドキュメンタリー映画の撮影中に-。とか、固定カメラが記録していた-。などのパターンで、大抵の場合ビデオカメラで撮影したので…なんてのが多かったりしましたが、本作はそんな映像撮影の未来を予想させるような、”スマートグラス”(スマホの機能がメガネにある)越しの映像をご覧いただける新しい切り口。
時折、地図やらミュージックビデオやらSNS。もちろん通話までが画面に情報表示され、これらが良いアクセントになっています。

中盤から終盤は、人間ドラマでは無い”恐怖を感じさせる緊迫した展開”が待っています。
POVならではの臨場感あふれる映像にどっぷりとハマっていただける作品です。
なるべく予備知識をいれずご覧いただくのがオススメ!

『エルサレム』
監督: ドロン・パズ、ヨアヴ・パズ
出演: ヤエル・グロブグラス、ヨン・トゥマルキン
2015年/イスラエル/95分/

カリコレ2016にて下記スケジュールで上映
7/26(火)21:15  8/12(金)16:00  8/15(月)10:30


『アイス・ジョーズ』 一口レビュー


『アイス・ジョーズ』

どこまで進化するのかサメ映画の代表作。
舞台はついにここまできたか!という海の完全向こうを行く”雪山”。

意外すぎるにもほどがある組み合わせは、サメ映画界の山海の珍味。
このシチュエーションだけで、ご飯3杯いけるような…いや、誰かに話しかけるたくなるような作品です。
一面の銀世界を背びれを見せながら泳ぎ(?)突き進む姿は必見です!
なぜ雪山に登場することになったかは、本編で説明がありますのでご確認を…。

監督は、スコット・ホイーラー。
監督作品は他に、”ほぼ変形しない”アサイラム製作SFロボット作品『トランスモーファー』。
新作にアサイラム製作のSF『マーズ・オデッセイ』。
『Attack of the Killer Donuts』(原題)のリリースも控えているようです。
これまでビジュアルエフェクト担当としての作品が多く、『ビーチ・シャーク』でもビジュアルエフェクトスーパーバイザー/プロデューサーとして名前を連ねております。
あくまでも推測ですが、このあたりから本作のヒントが生まれたかもしれません…。

アイスジョーズ

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-
『アイス・ジョーズ』  2014.6.4リリース
提供:ニューセレクト/販売:アルバトロス
税抜価格¥4,800
Ⓒ2013 Odyssey Media Inc

huluにて2016年3月18日より配信開始!


『メガ・シャークvsメカ・シャーク』 一口レビュー


『メガ・シャークvsメカ・シャーク』


巨大ザメが大暴れするモンスターパニック作『メガ・シャーク』シリーズ第三弾!

飛んでは戦闘機を破壊し跳ねては戦艦を真っ二つにする、メガ・シャークの暴れっぷりをとくとご覧あれ。
今回の対戦相手は、人間が操縦する人口知能を積んだ対メガ・シャーク兵器のメカ・シャーク!

途中ではなんと水上タイプから陸上タイプへと変形ロボットのようにトランスフォーム。
あっと驚く見事な変型っぷりは、二度見するほど刺激的!

シリーズ第1作ではサンフランシスコのゴールデンゲートブリッジ。そして2ではアメリカの発電所など、毎回様々な場所がメガ・シャークに破壊されますが、今回は冒頭からエジプトの”アレ”がその標的に…。
終盤には場所を移してオーストラリアの“あの場所”で大暴れしちゃいます。
このあたりなどは良く言うならばゴジラやウルトラマンでもよく見られたシーン。
特撮ファンにもおすすめしたいところです(???)

メガ・シャークのサイズがコロコロ変化するのはご愛嬌。
眉間にシワを寄せてみるような作品ではありません。

また、アサイラム作品定番のゲストスターも出演。
全米No.1歌手にも輝いたデビー・ギブソンが、マクニール博士役で登場しています。

監督は、エミール・エドウィン・スミス。
長編の作品としては本作が1本目。
ヴィジュアルエフェクト担当としてキャリアが長く、2013年以降は『シャークネード』シリーズなど数々のアサイラム作品に名を連ねています。
本作以外にはタイムスリップ感覚が楽しい『エアポート2015』、ピラミッドにこんな使い道があったんだ!と思わせる『フローズン・アース』も監督しています。

いつまでもシリーズとして続き、楽しませてくれることを願いたい作品の一つです。
シリーズ三作目ですが前作を観ていなくても大丈夫。
楽しくご覧いただけます。

 

メガシャークVSメカシャークJK

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-
『メガ・シャークvsメカ・シャーク』  2014年07月02日リリース
発売:アルバトロス
税抜価格¥4,800

huluにて2016年3月18日より配信中!


『シャーク・ウィーク』 一口レビュー


『シャーク・ウィーク』

理由もわからず集められた8人の男女。彼らの前に現れたのは初老の夫婦。
「生き延びたければサメから逃げ切れ!」と一方的にサバイバルレースに強制参加。
日替わりメニューのように登場する種類の違うサメに加え、こんなのアリ?な落とし穴、都合よく置かれた地雷など各種トラップが次々と彼らを襲う、まるでサバイバルバラエティー番組のようなノリの展開がまっています。

”サメは後ろから引っ張ればおぼれる”だとか、”シュモクサメは海底を泳ぐ”など、時折挟まれるサメトリビアも見逃せないポイントです。
なお、サメは連日襲ってきますのでバイオレンスシーンは多めですが、モヤっとした自主規制がかかりますので、比較的安心してご覧いただけます。
ツッコミを入れざるを得ないラストに漂う不思議な空気感は”ある意味”斬新なサメ作品です。

監督は、クリストファー・レイ。
『ダブルヘッド・ジョーズ』、『トリプルヘッド・ジョーズ』、『メガ・シャークVSクロコザウルス』、『メガ・シャークVSグレートタイタン』などなど、これまでちょっと”あれ”なサメ作品を多数監督しています。

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-

61AfCaiDv2L

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-
『シャーク・ウィーク』 2013年04月03日リリース
発売:アルバトロス 税抜価格¥4,800

huluにて2016年3月18日より配信中